top of page

令和6年能登半島地震

お取引先および関係する皆さま


1月1日に石川県輪島市は震度6強の震災に遭いました。

市街地の状況は倒壊、全焼、人命被害と惨憺たる状況で心苦し過ぎます。


四十沢木材工芸は、製造現場である工場の損壊が大きく、再開の目途は専門家と相談のうえ検討いたします。機械の損害についてもまだまだ分からない状況です。木材倉庫は材料が雪崩れ落ちましたが、片付ければ材料は無事なはずです。


一方、新築したfactory's galleryは全く痛みはありません!

ここに希望の光を感じています。


これまで多くの方から、ご支援やお見舞いいただきありがとうございます。お一人お一人にお礼と返信をしたいところですが、まだまだ混乱しており追いついていません。ご理解ください。


どのような形になるかはまだ分かりませんが、必ず製作を再開し、皆さまの生活に木の心地よさを届けられるようなものつくりをし続けます。

どうぞ引き続きよろしくお願い申し上げます。


そして能登の応援をよろしくお願いいたします。


Comentarios


bottom of page